プロフィール

サルとシロ

Author:サルとシロ
嵐(とくに松潤)ファンのサルと、フィギュアスケーター浅田真央選手ファンのシロが、2人で管理する姉妹ブログです。

初めましての方は、“こちら”に簡単な自己紹介とコメントに関するお願いが書いてありますので、読んで頂けると嬉しいです。

Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
FC2カウンター
現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嵐×ゼルダに大興奮! ~サル~


26日の「VS嵐」「ひみつの嵐ちゃん」ともに最高でしたね!
「J、今日ずっとヘラヘラしてる」ってその理由はもちろん、赤い王子様とのクリフクライムコンビのせいでしょう!
「絶品VIPメシ」のゲームに負けても楽しそうなのは、勝ったのが大好きな赤い王子様だったからでしょう!
ナイス翔潤!!!

でもね、それよりも私の心を熱くしたのが、嵐×ゼルダのCMですよ!
いや、マジで、任天堂さま、ありがとう!!!
サルとシロの反省会を読んでくださった方はご存知かと思いますが、サルはゼルダシリーズ崇拝者なのです。「ゼルダのCM、嵐がやってくれないかな~」なんてことを思っていたのですよ。
いや~、もう、CM見て感涙です。

というわけで、ニノと潤くんのコメントにゼルダ感想を絡めたものをアップします。
これを読めば、あなたもゼルダが欲しくなる!・・・・といいな。
↓↓



任天堂のHPで公開されているCMはニノ篇3本、潤くん篇1本の計4本です。私はニノ篇その2と潤くん篇をTVで観ました。
4本全て64ゼルダの思い出を語っています。ってことは、3DSプレイ篇が絶対増えると思いますぞ!いや~楽しみだ!!
ニノと潤くん、64ゼルダやってたんだ~。大興奮!!!
大好きな嵐メンが、大好きなゼルダについて語っている・・・

感動!感動の嵐!!

ちょっとこのCMだけは何としても捕獲したいな。やっぱりブルーレイレコーダー買おうかな・・・。

「64とは何ぞや?」と思った方のために少し説明を。
「NINTENDO64」とはスーパーファミコンの次世代機種として1996年に発売された家庭用ゲーム機です。同世代のプレイステーションに国内市場シェアで大敗し、2001年には早くも次世代機「ニンテンドーゲームキューブ」が販売されました。

というわけで、64は早々に市場から消えてしまうわけですが(2001年以降も何年かは店頭に並んでましたが)、本当に勿体ない話ですよ!まさに「次世代ゲーム機」の名にふさわしい、本当に素晴らしいゲーム機だったんですよ~。
コントローラーの形が秀逸でね。特にゼルダをプレイすると、「このコントローラー、ゼルダの為に設計されたのでは??」と思う程のハマリ具合。
任天堂さんのことですから、3DSでの操作性を計算しつくして仕上げてきていると思いますが、可能な方は是非64でやって頂きたいゲームです。

プレステに大敗した要因の1つに、ソフトメーカーのほとんどがプレステに流れ、64用ゲームソフトの販売本数が少ない、というものがありますが、「ゼルダの伝説 時のオカリナ」を始め、64のゲームは傑作が多いです。
「時のオカリナ」の続編、「ゼルダの伝説 ムジュラの仮面」も素晴らしいゲームですよ!「ムジュラの仮面」も3DSでリメイクして欲しいな~。

二宮さん篇その1
「かわいい感じのビジュアルイメージを受けるんだけど、やって見るとまあ骨太で、俺当時最後までいってないような気がする。いけなかったんだよな~、多分。」
「ゼルダから1回逃げた男なんで・・・。今度は・・・クリア出来ます!」


ニノ、逃げる気持ちはわかる。私も何度もくじけそうになったよ。
あと、3D映像がリアルすぎて、初めての方は3D酔いをします。私の友達は1時間で逃げました・・・ほとんど冒険せずに。というか、最初の村からも出られずに・・・。
3DSではどうなるかわかりませんが、もし酔われた場合、頑張って耐えてください!耐えた先には素晴らしき世界が待っていますから!!

二宮さん篇その2
「謎解きに関してノーヒントじゃん、ほぼほぼ。どうしたらいいの?これ?みたいな時がくるの。その謎解きのほっとかれ具合ってのが、可能性を試されてるわけじゃないですか。ブーツ履いてたら上がれないから脱いでみよう、とか。」


3D酔いを克服したあとに待っているのが、この「謎解き」の関門。
これね、3時間とか悩んだ挙句「まさか、こんなこと?」っていう答が待っているわけです。何事も難しく考えすぎてしまう大人の悲しさを感じますよ。
「可能性を試されてる」ってまさしくその通りだな~。ニノは相変わらず表現が上手い!
謎を解く度に、大人になるにつれて無くしていった可能性や引き出しを、一つ一つ拾っていくような感覚になります。う~む、ロマンだわ~。

二宮さん篇その3
「バトルシーンで言うとこの、ターゲットにロックオンするってやり方は、これが初めてなんじゃないかな?フィールドこんだけデカくするとか、馬乗るとか、全部ここにあって・・・。」


「ターゲットにロックオンする」のが「Z注目」というシステムなんですが(3DS版はZボタンがないからL注目になるのかな?)、これが3Dアクションに革命をもたらしたんです!
Z注目すると、映像が少しズームされます。そこも3D映像がリアルな点です。
ゼルダは現実生活に近い、というか人間の認識能力に近い映像を作っていて、そこが本当にリアルなんです。横の動きは360度グルッと見られるけど、上下の動きにはわざと制限を設けている(スーパーマリオ64では宙返りの際上下も360度見れるので、技術的に可能)。キャラクター視点に切り替えたときは、横・上下ともに首の可動範囲だと思われるところまでで制限されています。よくぞここまでと驚嘆です。

松本さん篇その1
「それこそマリオとか、こういう横スクロールのアクションゲームっていうのはすごい好きだったんですけど・・・あのねえ~ゼルダの伝説は、アクションとしての面白さはめっちゃあるし、それだけじゃなくて、すごい頭使います。」


潤くんの言うとおり、アクションだけじゃなくて、可能性を試したり、ロマンもあって、色々な楽しみ方が出来ます。ゲームバランスが最高なんですよね。
嵐と同じ!だと思いませんか?
5人それぞれの個性が際立っていて、それぞれがカッコ良くて、可愛くて、面白くて、ファンを愛してくれてて、でもカッコ良く思うところが微妙に違って、ファンへの愛情の表し方も5人5色で、そんな5人がバランス良く繋がってまとまっている・・・。
うおーーーーっ、ダメだ、興奮がおさまらん!

嵐、最高!!!

ゼルダ、最高!!!

6月15日に嵐のドーム版DVDが発売されて、
翌16日に「時のオカリナ」3DS版が発売されて、
その頃には嵐のツアー申込案内が届いてるだろうし、
もしかしたらチャリティイベントに当選してるかもしれないし、
私の6月、ヤバイくらい楽しそうなんですけども!

嵐さん、任天堂さん、私を幸せにしてくれてありがとう!
ずっとずっとこの最強コラボを続けて、私をドキドキ、ワクワク、キュンキュンさせてくださいませ。

読んでくださり、ありがとうございました~☆



関連記事

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


検索フォーム
お友達ブログ


メールフォーム
FC2を通して、私たちにメールが届きます。 アドレスを入れて送って下されば、お返事させて頂きます♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。