プロフィール

サルとシロ

Author:サルとシロ
嵐(とくに松潤)ファンのサルと、フィギュアスケーター浅田真央選手ファンのシロが、2人で管理する姉妹ブログです。

初めましての方は、“こちら”に簡単な自己紹介とコメントに関するお願いが書いてありますので、読んで頂けると嬉しいです。

Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
FC2カウンター
現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嵐のファンになる ~サル~

「自身にとって、さりげなく見守ってくれて、いざという時頼りになる青い鳥のような存在は?」
「嵐のメンバーです。僕はそう思っています。」

翔くん!!泣きそうになったじゃないかっ!
冒頭の会話は、今日のアフラック新CMイベントでの翔くんの発言です。
こういうところなんですよね、私が嵐にここまで深くハマってしまったのは。

サルが嵐ファンになった経緯シリーズ、「嵐の絆にハマる」を書き終ってホッとして、放置し続けていましたが、最終回をアップしたいと思います。自分でもビックリするくらい長くなってしまったシリーズで、終わらせるのが少し寂しくもありますが。
読んで頂けると嬉しいです。
↓↓




「役者・松本潤」を好きになって、潤くんのファンになって、嵐に興味が出て来て、ライブDVDを観て嵐のファンになって、嵐の10年に涙して、5人の絆の深さに感動した私は、ファンクラブに入会することにしました。

ファンクラブ入会って、私にとって相当ハードルが高かったんです。
こんないい歳で恥ずかしい・・・とか、
初めてファンクラブに入るので、ファンクラブに入るって恥ずかしい・・・とか、
今はこんなに好きで熱くなってるけど、飽きちゃうかもしれないし・・・とか、
見栄っ張りの私は世間体を気にしてグルグル悩んでいたのです。潤くんの「キャラ替え」を知るまでは。

「嵐は仲がいい」
これはファンだけでなく、一緒に仕事をしている業界の方々も口を揃えておっしゃっていること。(直接聞いたわけではなく、TVや雑誌から得た情報ですが)
実際TV番組やDVDを観ていて、感じることでもあります。でも、ただ「仲がいい」だけだったら、他にもそういうグループは沢山あると思います。

私の中で嵐が特別な存在になったのは、ただぽわわ~んと仲良しこよしで来たわけではなかったからです。潤くんの「キャラ替え」は1番大きなことだったと思いますし、それ以外にも私が知らない、表面には出ないことも沢山あったかもしれません。そういった色々なことを、5人がお互いを思いやりながら乗り越えてきた「絆」を強く感じたからです。
「これから先何があっても、嵐の仲の良さだけは変わらない」
そう確信すると、彼らを応援する気持ちが一段と高まりました。

「仲の良さ」が最大の魅力だ。
そんな雑誌記事もよく見ます。この言葉は嵐が「嵐らしさ」を貫くことで勝ち取ったものだと私は感じていて、心から「おめでとう」と思うのです。
嵐が「売れない」と言われていた時代、「欠点は仲が良すぎること」というプロデューサーもいました。「もっと競い合って前に出ろ」と指導されたという話もあります。
そんな中で彼らは、「売れない」のを覚悟で、「お互いを思いやり、5人が仲良く、楽しくいる」ことを曲げずに貫く選択をした、と私は思っています。

常に新しいものを求め続けるTV業界で、今は「仲の良さ」が評価されていますが、また昔のように欠点に捉えられる時期がくるかもしれません。
でも、例え周りの状況が変わっても、彼らが今まで貫いてきた「嵐らしさ」を失うことはない、と思うのです。彼らの「仲の良さ」は売れるための戦略ではないからです。
そう感じたとき、そんな嵐の姿勢を何があっても応援し続けたいと強く思いました。

「恥ずかしい」とか、「飽きるかも」なんて考えは全て消え去り、ファンクラブに入会しました。
私の中で、ファンクラブ入会は「嵐を一生応援し続けます」という誓いの様なものであり、また、嵐のみんなに応援している気持ちを伝えるものでした。
嵐の仕事に対する、ファンに対する「姿勢」を応援していること、「嵐らしさ」を応援していることをどうやって伝えたらいいか考えたときに、目で見える数字として「ファンクラブ会員数」が頭に浮かびました。
私が入会しても1増えるだけですし、ファンクラブを辞められた方もいらっしゃるので、「会員数=現在応援している人」ではないですが、会員数が増え続けることが決して立ち止まらない彼らの力になってくれれば嬉しいなと思ったのです。

こうして嵐のファンになった私ですが、先輩ファンの皆さんにお伝えしたいことがあります。

「本当にありがとうございます。」

皆さんがずっとずっと嵐を応援して下さっていたから、嵐がこんなに大きくなって、見る目がなかったバカな私も魅力に気付く機会を与えられたからです。
ファンが増えると共に、ライブチケットが取れなくなる等の弊害も出ていますが、嵐ファンが増えることを喜んでくださっている皆さんの、大きな深い「嵐愛」を目にする度に、「私もそんなステキな嵐ファンになるのだ!」と決意を新たにします。
これからもずっと一緒に楽しく、嵐を応援させて頂きたいと思っています。

ファンクラブに入会してから半年経ちました。
嫌なことがあっても嵐に笑わされて忘れ、悲しいことがあっても嵐に癒されて忘れ、
「嵐ファンになってよかった!」
感謝感激雨嵐☆な日々です。

翔くんが、
リーダーが、
相葉ちゃんが、
ニノが、
潤くんが、


大好きだーーーーーーっ!!!



サルが嵐ファンになった経緯、これにて終了です。
ファンになってからも、日々嵐への想いは深まるばかり。
新たに生まれる想いは、これからの記事の中で表現していこうと思っています。
長い長い私の勝手な思い込み記事を読んで下さった方々、

本当にありがとうございました!!!



関連記事

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


検索フォーム
お友達ブログ


メールフォーム
FC2を通して、私たちにメールが届きます。 アドレスを入れて送って下されば、お返事させて頂きます♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。