プロフィール

サルとシロ

Author:サルとシロ
嵐(とくに松潤)ファンのサルと、フィギュアスケーター浅田真央選手ファンのシロが、2人で管理する姉妹ブログです。

初めましての方は、“こちら”に簡単な自己紹介とコメントに関するお願いが書いてありますので、読んで頂けると嬉しいです。

Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
FC2カウンター
現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嵐の絆にハマる(リーダー) ~サル~

昨日(一昨日になってしまった!)は色々な雑誌の発売日。
アイドル誌は中身をチェックして、福岡ライブ写真を気に入った1誌だけお持ち帰り。
それと、「婦人公論」を購入しました。表紙の「あらゆる女性の人生を応援して」という題名に猛烈に同感してしまったので。

テンプレートをお借りして変えました!
ちょくちょく変えてすみません。なにせ、私の記事が長く、文字が多いもので、より見易いものをと思いまして。
クリスマスっぽいですが、常にハッピーに何事も楽しんで過ごせますようにって願いも込めて、1年通して使わせて頂こうかなと思っております。

さて、サルが嵐ファンになった経緯第6弾「嵐の絆にハマる」のリーダー編をアップさせて頂きます。
初心者ファンが思い込みをグタグタと語っているだけですが、読んで頂けると嬉しいです。
↓↓


「嵐の絆にハマる」は、2002年の潤くんの「キャラ替え」を中心に、メンバーがそれをどう受け止めたのか、そこから感じた嵐の絆の深さについて、サルの「思い込み」(妄想ともいう)を書くシリーズです。12月に潤くんと翔くん、1月にニノと相葉ちゃんをアップさせて頂き、いよいよ最後の1人、リーダーについて書かせて頂きます。

潤くんが「末っ子やられキャラ」から「クールで男前キャラ」に「キャラ替え」したと聞いて、「“クールで男前”は作られたもの?」と思われた方がいらっしゃるかもしれないのですが、決して作られたものではないということだけは、断言させて頂きたいと思います。
人は誰でも相反する性格を持っていると思います。「優しい人」と言われる人も、優しい部分と残酷な部分を持ち合わせていて、どの部分を強く出すかの違いで「優しい」「冷たい」というその人の「キャラクター」が出てくるのではないでしょうか。
ですから、もちろん「末っ子やられキャラ」も潤くんの自然な性格ですし、「クールで男前」も「優しいドS」も潤くんの自然な性格だと私は思っていますし、そこだけは私の思い込みも間違っていないと思います。

さて、本題に入りまして、前回の相葉ちゃん編で、相葉ちゃんとリーダーはキャラ替え後の潤くんに対して「変わらなかった」人だと書きました。
リーダーは、潤くんに対して何かを言ったりするのではなく、ただ傍にいてあげることで潤くんを支えたと私は思っているのです。

1997年から京都で舞台の活動が多かったリーダーは、潤くんとは嵐結成までほとんど接点がありませんでした。ジュニア時代に帰る方向が一緒だったので、潤くんと二人で電車に乗ったときなど、話すことがないので30分間延々と、潤くんがリーダーに質問していたそうです。
嵐結成当初、潤くんはリーダーに敬語を使っていたくらい、2人の間には距離がありました。

1998年の終わり頃には、事務所を辞めようと決意していたリーダーでしたが、事務所としてはあれほどの才能を手放すことは出来なかったのでしょう、上手く誤魔化して繋ぎ止め、嵐としてデビューさせてしまいます。
「“この波に乗ってみよう”と思ってからも、なかなか心から前向きにはなれなかった」という心境の中、少年隊さんの番組内で嵐の「リーダー」に決まったり、否応無しに進むことを求められる状況が続きます。
精神的にかなり辛い時期だったと思いますが、「でも嵐の5人でいるときが本当に楽しくて。最初から本当に居心地がよかったの。いろいろ不安なことはあったけど、5人でいるときの空気感に救われてた」と「アラシゴト」の中で語っています。
私はリアルタイムで知らないので、正確にいつから敬語がなくなり、潤くんとリーダーの距離感が縮まったのかはわかりませんが、11月3日の「A・RA・SHI」発売時には、良い関係が作られていたようです。
そして迎えた2000年4月のファーストコンサート「ようやく、心から前向きになれた」リーダーは、嵐を、仕事を楽しむようになりました。

2002年に潤くんの「キャラ替え」が始まり、多くのファンの方々が「マツジュン一人輪の外にいる」と感じられたようです。実際、潤くん自身、少し距離を取ることで自分を成長させようとしたところもあると思います。
そんな中、リーダーは潤くんの気持ちを尊重し受け入れつつも、完全に「輪の外」に出ないように傍についてあげて、嵐の輪を繋げ続けたと私は思いこんでます。

2003年の「How’s it going~」ツアーDVDの「リーダーカメラ」で、「まつもっさんの密着ですから」と言いつつ、リーダーは潤くんに引っ付いて追っかけています。

2004年の「いざッ、Now」ツアーDVDの大阪城ホール楽屋の映像では、5脚の長椅子がある中、潤くんと同じ長椅子に座り、潤くんが別の椅子に移動しようとすると潤くんの鞄に抱きついて移動させないようにして傍に居続けます。「ふざけんなよ」と言いつつも、リーダーの頭をナデナデする潤くんから、傍にいてくれる喜びを私は感じました。

そうやって気付けば傍にいてくれるリーダーの存在が、潤くんを安心感で優しく包み込んでくれていたと思うのです。
そんな潤くんの気持ちが、2005年の「実質リーダーとしての役割を果たしてるかっていうと疑問なんだけど、背中で引っ張るタイプというのかな。サッカーとかで例えると精神的支柱みたいな感じのリーダーなんだと思う」という発言に表れているのではないかと私は感じています。

リーダーはというと、同じく2005年の「嵐もこの先どんどんいい状態になってくとしか思えないし。それぞれが嵐を大事に思っていて、コンサートをやるたびに結束が固くなっているのを感じるから。この先、どんな展開が待っているかはわからないけど、5人の仲のよさだけは変わらないと思うよ」という発言が全てを表していると私は思っています。

潤くんの「キャラ替え」がただの我がままではなく、嵐を大事に思っての行動だったこと。
潤くんのキャラが替わったことを皆が受け入れ、嵐の絆はどんどん深く固くなっていること。
だからこそ「5人の仲のよさだけは変わらない」と言えるのだ、と伝えてくれていると思うのです。
実際に潤くんのキャラ替えを「嵐の力」にしたからこその「この先どんな展開が待っていても変わらない」という自信なのではないでしょうか


リーダーについてですが、嵐の5人が全員嵐を本当に大好きで、大切に思い、嵐のためなら何でも出来るという「嵐の絆」の中心にいるのが大野くんだと思っています。
私は“リーダー”って、何をやるとか、言うとかではなく、グループの根本を作るのが仕事であり、だからこそ重要だと思うのです。“リーダー”の性格が自然とグループのあり方に影響すると、短期間のものから長期間のものまで、自分が経験した様々なグループを通して私は感じています。
大野くんの自由さが、上下関係がない嵐を作っていると思うし、5人それぞれが個性を出せる嵐を作っていると思います。
大野くんの4人それぞれと距離が変わらないバランス感覚が、5人が均等に仲が良い嵐を作っていると思います。ニノもTVで「誰と一番仲が良い?」と聞かれて「5人みんな仲が良い」と答えています。「やっぱり大野くん?」と聞かれたときも「スキンシップが多いのはリーダーですね」と返答していて、「誰と1番」なんて順位づけを全く考えることがないんだと私は感じました。それぞれと仲の良さの種類が違うだけで、気持ち的な差はないってことが嵐の素晴らしさだと私は思っています。

「リーダーらしいことしてもらったことない」「リーダーってあだ名だから」なんて言ったりしますが、メンバーが一番大野くんの素晴らしさをわかっていて、“リーダー”として尊敬し、感謝しているのではないでしょうか。
そんな最高の“リーダー”と、最高のメンバーが集まって出来た「嵐」は、
奇跡のグループだーーー!!!

と胸が熱くなり、同じ時代に生きていること、魅力に気付くことが出来たことに心から
感謝感激雨嵐☆です!

「嵐の絆にハマる」シリーズ、何とか終わらせることが出来ました。
私の「思い込み」が事実「妄想」だったとしてもいいんです。それならそれで、逆に自然体で今の「嵐」になったことがスゴイと思いますし、また違った尊敬の念が生まれますから、嵐が大好きな気持ちは全く変わらないので。
それにしても自分の文章力の無さがもどかしい・・・。私が感じた嵐の魅力が少しでも伝われば嬉しく思います。
最後まで読んでくださって、本当にありがとうございました!





関連記事

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


検索フォーム
お友達ブログ


メールフォーム
FC2を通して、私たちにメールが届きます。 アドレスを入れて送って下されば、お返事させて頂きます♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。