プロフィール

サルとシロ

Author:サルとシロ
嵐(とくに松潤)ファンのサルと、フィギュアスケーター浅田真央選手ファンのシロが、2人で管理する姉妹ブログです。

初めましての方は、“こちら”に簡単な自己紹介とコメントに関するお願いが書いてありますので、読んで頂けると嬉しいです。

Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
FC2カウンター
現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真央ちゃんファンになったきっかけ、その1~シロ~

わたし、シロが真央ちゃんの演技を初めて観たのは2005年のGPSでした。
その時は実はあんまり好きなタイプの選手ではなくて、トリノ五輪シーズンはイリナ・スルツカヤ選手を応援していましたし、どちらかというと安藤美姫選手の方が好きなくらいでした。
“なんかフワフワした滑りしちゃってさ、軽々と飛びすぎなんだよねぇ、女子は体型が変わるのに今から持ち上げるのもどうなの?”とかブツブツ言っていたような気がします。いま考えるとそのフワフワの滑りこそ彼女にしかない素晴らしい才能で、女子で3Aをあれだけ軽々と飛べるという事自体史上類を見ないとんでもないことだったんですけど、いやホント、無知って怖いですね。
彼女に対する見方を変えたのが、2007年の世界選手権FSです。チャルダッシュにのせたあの鬼気迫る演技と演技終了後に見せた涙に感動し、結果は銀メダルでしたが、無邪気な天才ではなく、本当に世界一のアスリートなんだなぁ、と尊敬の念を持つようになりました。
2008年世界選手権FSの冒頭3A転倒後の怒涛の立て直しを見て、彼女に勝てるスケーターはいないだろう、と確信。
2009年世界選手権で台乗り出来なかった謎、国別対抗戦で史上最高得点が出なかったことに不可解さを感じ、採点に疑問を持つようになります。
そして迎えたバンクーバー五輪シーズン、“最高のステップ、最高のスピン、最高のジャンプを持つ浅田真央のどこに負ける要素があるの?”と思っていたので、不調やライバルの報道も五輪を盛り上げるためにマスコミが演出しているだけで、バカバカしいけど、不景気だし、煽らないと仕事になんないんでしょ、と特に気にしていませんでした。

結構長くなってしまったのでつづきはその2に書きます、すいません。
関連記事
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


検索フォーム
お友達ブログ


メールフォーム
FC2を通して、私たちにメールが届きます。 アドレスを入れて送って下されば、お返事させて頂きます♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。