プロフィール

サルとシロ

Author:サルとシロ
嵐(とくに松潤)ファンのサルと、フィギュアスケーター浅田真央選手ファンのシロが、2人で管理する姉妹ブログです。

初めましての方は、“こちら”に簡単な自己紹介とコメントに関するお願いが書いてありますので、読んで頂けると嬉しいです。

Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
FC2カウンター
現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嵐の絆にハマる(相葉ちゃん) ~サル~

またまた久しぶりの更新になってしまい、反省中のサルです。
そんなことは置いといて、今日はなんといっても、

HAPPY BIRTHDAY!翔くん!!

カッコよくて、頭もよくて、品があって、でもバカになるし、運動音痴をネタにするし、メンバーの発言をフォローしたりツッコんだりしたかと思ったら、「やられキャラ」にもなるし、本当に色々な顔を見せてくれるけど、どんな顔にも一本ブレない「櫻井翔らしさ」がある翔くんが大好きです!
嵐が「嵐らしく」番組を進行できるのは、翔くんが自然に締めるところを締めて誘導してくれるからだと私は思っています。
これからも色々な「櫻井翔」を、私たちに見せてくださいね!!

レギュラー番組3本、雑誌などなど、素敵な嵐が満載で書きたいことは多々ありますが、いい加減サルが嵐ファンになった経緯第6弾、「嵐の絆にハマる」シリーズを終わらせなければ!と思い、相葉ちゃん編をアップさせていただきます。
よかったら読んでください。
↓↓


「嵐の絆にハマる」は、2002年に潤くんが「末っ子やられキャラ」から「クールな男前キャラ」に「キャラ替え」したことを中心に、各メンバーがそれをどう受け止めたかについてサルの「思い込み」を書くシリーズです。

私サルは、去年嵐ファンになった超初心者ファンです。ですから、2009年以前の彼らのことはリアルタイムでは知りませんし、全ての映像、全ての文章を把握しているわけではありません。
自分が何とか知ることが出来たことから感じたことを書いているだけですので、フィクションを読んでいるような感じで楽しんで頂けたらと思っております。

翔くんとニノが潤くんのキャラ替えを受け入れて、接し方を「変えた」のに対して、相葉ちゃんとリーダーは「変わらなかった」人たちだと私は思っています。

一緒に色々なことを乗り越え、年月を経ていく上で自然に変わることはもちろんあったと思いますが、「新しい松本潤」に対する接し方を変えることはなかったのではないでしょうか。

そして、その「変わらない」ことが、翔くんやニノとはまた違う側面から潤くんを支えてくれたと私は思っているのです。

ジュニア時代から舞台、ドラマ、映画での共演も多く、一緒にいることが多かった潤くんと相葉ちゃんは、年齢は相葉ちゃんが1つ上ですが、入所日は3カ月潤くんの方が早いほぼ同期で、同級生のように仲がよく、「嵐」になってもその関係性は変わらなかったようです。

嵐結成前から付き合いが深かった潤くんが突然キャラ替えをしたとき、もちろん驚いたとは思いますが、相葉ちゃんは自然に受け入れたように私は感じています。
自然に、という表現がすごく難しいんですが、「そこに山がある」とか、そういう認識と同じように「マツジュンはクールで男前になった」と認識したように私は思っています。

そもそも相葉ちゃんは誰に対しても態度が変わらない人(もちろん先輩や年長者には敬意をちゃんと払いますが)だと私は思っていて、だから「末っ子やられキャラ」な潤くんであろうと、「クールで男前」な潤くんであろうと、自分のスタンスは変わらなかったと思うのです。

嵐ファンになるまでは、相葉ちゃんを「志村どうぶつ園に出ている人」という認識しか持っておらず、嵐の10年を可能な限り振り返ってみるまでは、単に無邪気で元気な人で、あまり考えずに行動している印象を持っていました。
でも色々調べる内に、観ているファンだけではなくて、スタッフやメンバーにも楽しく明るくいてほしいから、辛くてもそれを絶対に見せずに笑顔で過ごしていることを知りました。

相葉ちゃんは特別に何かをするのではなく、自分が常に明るく楽しい空気を発信することで、キャラ替え前後の苦悩する潤くんや、潤くんのキャラ替えによってショックを受けた翔くんを癒したし、「嵐」の持つ仲がいい、楽しい雰囲気を守ったのではないでしょうか。

それは潤くんの相葉ちゃんに対する「見てるだけで元気をもらえる」(2009年)「その雰囲気に助けられて、オレも明るい気持ちになれるんだよね」(2010年)という発言に表れているように思うのです。
両方最近の発言ではありますが、常にそう感じていたんじゃないかなって私は思い込んでます。

潤くんは、「自分が変わることで嵐に悪い影響を与えてしまったら」という不安も感じていたと思うのです。「嵐のために」と始めたことなのに、悪い影響を与えてしまっては本末転倒ですから。
相葉ちゃんが変わらず「楽しい雰囲気」を作ってくれたことで、安心して突き進むことが出来たのではないかと考えています。

相葉ちゃんの潤くんへの思いは、2004年24時間テレビでの相葉ちゃんからメンバーへの手紙の中の、
「マツジュン、誰よりも嵐のことを考えてくれて
ありがとう」

という一言に全て込められていると思うのです。
相葉ちゃんにそう言われた瞬間、潤くんは大粒の涙をポロッと溢れさせました。

「僕にとっての奇跡は、嵐との出会い」「嵐が大好き」「嵐でよかった」など、事あるごとに、数多く「嵐への深い深い愛情」を表現する相葉ちゃんに、「誰よりも」と言われて、潤くんは本当に嬉しかったと思います。

コンサートの構成を考える潤くんからも、キャラ替えに踏み切った潤くんからも、「嵐への深い深い愛情」を感じ取り、それを認めるだけではなく、感謝の気持ちまで抱いてくれていた相葉ちゃんに、潤くんこそ「ありがとう」と思ったのではないでしょうか。

前の記事にも少し書きましたが、嵐の楽しい雰囲気を作り出している相葉ちゃんに、メンバーは全員元気をもらっていると思います。

それは、相葉ちゃんが色々なことを考えて行動しているし、プレッシャーをすごく感じて緊張もするし、辛くて苦しいときもあるし、それでも笑顔で何事も楽しもうとしていることをメンバーがわかっているからだと思います。

だからこそ自分も「楽しもう」「頑張ろう」と思えるし、5人が深い絆で結ばれるのではないでしょうか。

そんな風にお互いを尊重し、お互いの思いを自分の力にする「嵐の絆」に、「嵐って最高だーーー!!!」と胸が熱くなるのです。

初心者ファンの勝手な思い込みを最後まで読んでくださり、本当にありがとうございました!
「嵐の絆にハマる」も残すところリーダーのみとなりました。ううっ、自分で風呂敷広げすぎちゃって、ちゃんとたためるか途中で不安になったけど、辿り着けそうだ~。よかったよ~。
次回も読んで頂けると、うれしいです。
明日はライブDVD発売日!1日中どっぷり浸かる予定でおります!!
ありがとうございました~。



関連記事

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


検索フォーム
お友達ブログ


メールフォーム
FC2を通して、私たちにメールが届きます。 アドレスを入れて送って下されば、お返事させて頂きます♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。