プロフィール

サルとシロ

Author:サルとシロ
嵐(とくに松潤)ファンのサルと、フィギュアスケーター浅田真央選手ファンのシロが、2人で管理する姉妹ブログです。

初めましての方は、“こちら”に簡単な自己紹介とコメントに関するお願いが書いてありますので、読んで頂けると嬉しいです。

Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
FC2カウンター
現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未来が輝いた24時間 ~サル~


本日のテーマ曲は、“Believe”

「明日に向かって輝く この夢ずっと追いかける」

嵐さん、お疲れ様でした!!!

素晴らしい24時間をありがとう!!!

羽鳥さん、鈴江さん、新垣さん、タカトシさん、佐々木ファミリー、
24時間TVに関わった全ての方、
嵐さんと一緒に走り抜けたアラシックの皆さん、本当にお疲れ様でした!!!

本当に色々なことを考えさせられた24時間だったから、感想を書こうとするものの、全然言葉に出来なくて・・・。
でも今日も早速TV誌やらWithやらで、嵐さんにノックアウトさせられて胸が熱くなるし、
明日は潤さまのお誕生日だし、VSやら、ひみあらがあるし、
今の想いをつらつらと書かせて頂きます。

まとまらないと思いますが、お付き合い頂けると嬉しいです。

↓↓


「24時間、完徹で観る!!」
と宣言していたものの、3時頃潤くんとリーダーが画面から消えたので、戻ってこない&他メンが登場しないのを確認して4時に寝てしまいました~。
で、案の定寝坊してしまってね・・・8時からまた参戦。
見逃した部分は昨日観返し、これでやっとコンプリート。

26時間半くらいの放送を通して、
嵐さんに対する尊敬や愛が、次から次へと溢れてきたんですけど・・・。

自分の未来、大切な人の未来。
TVを通して知った人の未来、まだ出会っていない誰かの未来。
日本の未来。

色々な未来について、様々なことを考えさせられました。
それこそ、容量オーバーで上手く言葉に出来ないくらい。

こんなにちゃんと24時間TVを観るのは初めてだったので、
(2004年と2008年は、嵐さん登場部分だけに編集済の映像を観たし)
的外れかもしれないんですが、すごく“嵐らしい”24時間だったなって感じました。

ダーツの旅や、リーダーのダンス、嵐メドレーは文句なしに明るく、楽しくて。

嵐メン1人1人の未来企画は、何かに挑戦して達成して終わり、とかじゃなくて、
企画に関わった全ての人が“未来”に向かって進む力になるようなものだったと思うんです。
だから、観ていて本当に明るく、温かいものを感じて、それが私の未来へ向かう力に自然になったような気がします。

翔くんの未来企画は、今の自分に感謝することを教えてくれました。

ニノのドラマは、自分も誰かを支えることが出来ると教えてくれました。

リーダーの未来企画は、人に寄り添う気持ちの大切さを教えてくれました。

相葉ちゃんの未来企画は、「生きる」ということがどんなに尊く、素晴らしいことかを教えてくれました。

潤くんの未来企画は、人とちゃんと向き合うこと、思いを伝えることの大切さ、
そして、「誰かのために頑張る」ことが、どれだけ自分を輝かせてくれるかを教えてくれました。

“指揮者っぽい演技”で誤魔化すことをしなかった潤くん。
生徒1人1人とじっくりと話して、1人1人の想いを受け止めた潤くん。
毎週宮城県に通った潤くん。
演奏直前、リラックスさせるように全員と握手した潤くん。
生徒から「松潤」ではなく、「まっつん」と呼ばれる程の絆を作った潤くん。
素晴らしい演奏の後、必死に涙をこらえた潤くん。
生徒全員とハイタッチした潤くん。
色紙を渡されて、目に涙を浮かべながら、「ずっと応援してるから、頑張ろうね・・・・・頑張ってね」と、自分と生徒達の新たなスタートを切った潤くん。

潤くん。

潤くん・・・。

・・・潤くん。

名前を呼ぶだけで誇らしい気持ちになって、愛しさがこみ上げるよ。
ありがとう、ありがとう、ありがとう。
潤くんを好きになって良かった。
本当に、本当に、良かった。

好文館高校の吹奏楽部の皆さん、思いがこもった素晴らしい演奏を、ありがとう!!!
自分が辛くても、「誰かのために」行動してくれて、ありがとう。
潤くんを信頼してくれて、ありがとう。
あなた達の笑顔と涙に、たくさんのことを教えられました。

佐渡さん、本気で指導してくださって、ありがとうございました!!!
「自分が指揮したものを含めて、こんなに感動したことはないんじゃないかな」
佐渡さんからそんなお言葉を戴けて、潤くんと吹奏楽部の皆さんにとって、何にも代えがたい労いになったと思います。
本当に、本当に、ありがとうございました!!!

今年は無いのか・・・と思い始めたところで始まった「未来の自分への手紙」。
1人1人違っているようで、でも根本は一緒だって感じる、真っ直ぐで力強い言葉。

最後の最後にリーダーが語った、静かで穏やかだけど、強い意志と想いが詰まったメンバーへのメッセージ。

「これから先の未来も、ずっと5人でいよう」

号泣しました。
リーダー、ありがとう。
ありがとう、ありがとう、ありがとう。

ありがとう!!!

これから先の未来も、ずっとずっと、5人を応援していけるんだ。
そのことが、どれだけの力を私にくれたかは語り切れません。

今までも、尋常じゃない愛情で嵐さんを応援してきたつもりだったけど、この24時間を通して、突き抜けちゃった感じです。
想いがもっとクリアに、そして強くなったというか。

嵐さんを応援しながら過ごす私の未来は、とてもとても明るく、輝いている。
そんなことを思って、感無量なサルでございました。


やっぱり言いたいことを全然表現できなかったような気がするけど、今の私にはこれが精一杯。
感じたことを少しずつ消化して、自分を成長させていこうと思います。
まとまらない感想に最後までお使いいただき、ありがとうございました~☆

関連記事

COMMENT

       

感動の嵐冷めやらず…

サルさん、こんにちは。

終わりましたね。真夏の濃厚な26時間余り。
私も同じです。たかがコメントを寄せるのですら、何から書いていいのか、どれだけ書いたら足りるのか、さっぱり見当もつかず、どんな言葉を選んでも、端から嘘っぽくなるみたいで…で、すぐにはコメントも送れませんでした。

私は24時間テレビ、割と毎回、見れる時間は見てるんですよ。
普段知り得ない情報を伝えてくれるので…今頑張っている人達のこと、何に困っている人がいるか、そして、どんな人生を全うした人がいたか…知る事ができるから。
とくに亡くなった方のことは、出来るだけ覚えておこうと努めています。
ご家族も、こういう子が懸命に輝いて生きていたんだよっていう事実が、人知れず消えていく、忘れ去られていくことは、とても寂しく悲しいだろうと思うものですから。

今回ピックアップするとすれば、ニノのドラマ。
今までのものとはやや異なった趣、頑張ってるよっていうだけじゃないメッセージを感じたので。
でもそれは、本当に今必要なメッセージだと感じました。
「助けて」と言っていいんだということ。

この年齢になっていろいろ経験すると思いますが、本当に人は持ちつ持たれつでお互い様、実質手を貸す側と借りる側は、丸っきりの同等(イーブン)の関係ですよね。
原作モデルの長谷川さんが仰ったように、“助けを求めて「ありがとう」と言える生き方”を否定しないで、恥ずかしがらないで、今辛い人がいたら、どうか助けを求める声を発して欲しいものです。

そして潤くんの指揮は本当に感動しました!
なんと、「伝わる」ものでしょうね!
高校生の真剣な瞳が潤くんに集中し、それを全て受け止め応え切っていた様子には、胸が熱くなりました。
魂の交流ってこういうのを言うのかしら。
「繋がっている」のが、見えるような気がしましたね

それから最後の手紙。
リーダーが「松潤」と言い始めた瞬間、「おっ!リーダーが!?」な顔して見た潤くんが、何とも可愛らしかったです(笑)
よっぽど誰なのか気になってたんでしょうねぇ。

しかしあの短い言葉には泣かされました…
大野くんがどんな風に頼まれたのかは判りません。
もしかしたら、手紙を、と依頼した側は、今までみたいに一人ずつに長いものを期待していたのかも。
…でも、

これからもずっと、笑っていよう。
これから先の未来も、ずっと5人でいよう。

…これ出されちゃったら、これ以上の言葉は見つかりませんね!
なんてリーダーらしい、あたたかい手紙。
テレビの前の何十万人という嵐ファンの心も、ついでに纏めて抱きしめてくれました!
なんか…なんか、ですね、大野君が言ってくれたっていうのが、どうにもこうにも、号泣モノの感動だったんですよ、私。
なんでか上手く言えませんけど…
とにかく、やっぱり嵐のリーダーはこの人でなきゃいけないんだなと、再認識。
すっごく大きく見えました!

なんだかんだ言って、話題を摘んだ割にはやっぱし長いですね(笑)
毎度のことながらスミマセン。

余談ですが、雑誌記事に萌えておいでだという一文、超~ひっかかってます♪
ええ、読んだ瞬間、またまたまた「サルさん!」って声が出ちゃったアレやコレが思い浮かんでもう(笑)
いつかどっかで話題に出るのを楽しみにしてますよ~☆
       
       

ちゅん子さんへお返事

ちゅん子さん、こんばんは~。
コメントありがとうございます!(^^)!

あ~、やっぱり。ちゅん子さんもそうなんじゃないかなって思ってました。
私も書きながら、もっと細かく書きたいような・・・
でも、細かく書けば書くほど軽い言葉になってしまうような・・・
そんな状態って言うのかな。

「とくに亡くなった方のことは、出来るだけ覚えておこう」って心に染みました!!
「忘れられること」「忘れていくこと」・・・
そのことがもしかしたら、1番悲しいことなのかもしれません。
私も今回知った、夢を追いかけながら亡くなった方々のことを、忘れないようにしたいです。

ニノがプロットの段階から関わったから、今までと違うドラマが生まれたんじゃないかなぁ。
確かに、「手伝いましょうか?」って声をかけるより、
「助けてください」って発する方が、言い出せないかも。
助けを求める人が躊躇せずに声を出せるような社会を作っていきたいと思いました~。

うん、人と人の支え合いがイーブンだって、わかります!!
潤くんと吹奏楽部の演奏からも感じたけれど、
「誰かのために」って行動すると、自分が与えたモノ以上の、大きいモノが与え返されるというか。
潤くんがまさにそうだったな~、って感じたんですよねぇ。

「ずっと5人でいよう」は、リーダーが言ってくれたから、号泣したんだと思います。
他メンが言っても勿論感動するけど、個人の想いっていうか。
リーダーだからこそ、「嵐の総意」だとスーーッて胸に入ってきた感じがしてるんですよね。
私も、あの奇跡の5人のリーダーは、大野くん以外考えられないな。

雑誌ね、大変なことになっておりますぞ!!!
月刊TV誌もそうだし、withもそうだし、早く書きたくてウズウズしてます(*^^)v
ただね・・・溜まり過ぎちゃったから、何から書こうか思案中。
絶対叫びますから、お楽しみにv-238
       

EDIT COMMENT

非公開コメント

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


検索フォーム
お友達ブログ


メールフォーム
FC2を通して、私たちにメールが届きます。 アドレスを入れて送って下されば、お返事させて頂きます♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。