プロフィール

サルとシロ

Author:サルとシロ
嵐(とくに松潤)ファンのサルと、フィギュアスケーター浅田真央選手ファンのシロが、2人で管理する姉妹ブログです。

初めましての方は、“こちら”に簡単な自己紹介とコメントに関するお願いが書いてありますので、読んで頂けると嬉しいです。

Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
FC2カウンター
現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

潤くんの“怖い絵”(ワクワク学校7/16その8) ~サル~


7/21のテーマ曲は、“La tormenta 2004”

「そのすさまじい騒ぎ まさに嵐!!」

今日(もう昨日になってしまった)は、早朝からアラシック大歓喜でしたね!

アラフェス開催、ありがとう!!!

ラルクさんが国立公演をされて、「今年は嵐の国立は無いんだね・・・」と落ち込む友達全員に、
「絶対1組って決まってるわけじゃないから! 国立改修工事に入るし、2組開催あると私は思ってるよ」なんて言い続けてきたんですよ。

で、いざ嵐さんの国立が決まると、「やっぱり!」とかドヤ顔することも出来ず、ただ呆然。
喜びが大きすぎて

ジャニーズWEBで受け付けているリクエスト、もうしちゃいました♪♪♪
1.絶対やって欲しい定番曲
2.せっかくの機会だからDVD化されていない&ご無沙汰な曲

の2択で悩み、後者のテーマで選びました。
どんなセットリストになるのか、非常に楽しみです!!

前置きが長くなりましたが、ワクワク学校詳細レポの続きをアップします。
その8は、潤くんの“怖い絵”と授業のまとめ、私の“ソモソモ”について書かせて頂きました。
読んでくださると嬉しいです。

↓↓


ニノが「怖い絵」という潤くんの絵、第1弾がこちら。

潤くんの絵5

「さくらんぼとり」というタイトルです。
左側の人物は潤くんパパ。(もちろん、実物はこんな針金ではない)

この絵が何故怖いのかというと、全く同じ構図の絵を2週間後にまた描いているからなのです。
日付をメモし忘れてしまったんだけど、多分、1枚目が昭和64年6月10日、2枚目が6月23日です。

「お父さんと2人で出掛けて嬉しかったのかな」なんて嵐メンは松本少年の気持ちを推察しておりました。
フフフ、微笑ましいわ

第2弾がこちら。

潤くんの絵6

「なんと、四角と三角と丸を焼いていました!」とニノ。
上部の黒いモノは「煙」らしい。

これには潤くんも「発想が変だよね」と自分にツッコミ。
翔さんも「コレ、捜査資料かなんか?」なんてイジっておりました~。

確かに謎の絵よね・・・。
「BBQで肉が焼けるのを待っているところ」と私は予想しますが、どうでしょう?

以上、7枚の絵を見せてくれたところで、潤くんの“ソモソモ”が終了。
ニノと代わって教壇に立つとき、「ありがとう」って潤くんが言っていたような気がする
(残念ながらメモをとっていない)

潤くんの伝えたいことは、

命の誕生は想像以上に大変なこと。
妊婦は出産時に1400ccの出血をする。人間は2000cc出血すると死んでしまうから、まさに命がけでお母さんは子供を産むのだ。
助産院の院長さんは言います。「赤ちゃんは簡単には生まれない。だからこそ愛しくなる」と。
この会場には、3万7千の奇跡があるんです。
まずは、自分の“ソモソモ”について知ってみてください。
次に、自分の周りの“ソモソモ”について知ってみてください。
きっと周りにもっと優しくなれるのではないでしょうか。

「“ソモソモ”について考えると

すべてが大切に見えてくる  潤 」



以前、小学校の時の作文が道徳の教科書に載った話をしましたが、
その作文の内容が、私の“ソモソモ”だったんです。

病名は忘れてしまいましたが、私を妊娠していることがわかったとき、母は医者に「母体が危険だからおろしなさい」と言われたそうです。「子供も無事に生まれるかわからない」と。
母は「産みたい」と医者に告げますが、「責任を負えないので産むなら別の病院に行ってくれ」と言われてしまいます。

当時、父の転勤で関西にいたのですが、母だけ子供を連れて東京に戻り、都内で1番と言われていた産婦人科がある病院で私を出産した、と聞きました。

この話を聞いたのは、小学校4年生の時で、すごく驚くと共に、理解できなかったんです。
私は両親にとって3番目の子供で、上に長男・長女がいたし。
私を生んだ時の母の年齢って、今の私よりずっと若かったから、私を諦めても、まだまだ沢山子供が出来たと思うし。(事実、私の下には弟妹達がいる)

なんで両親は、そんなにしてまで、私を生んでくれたんだろう?
その答を見つけようと、一生懸命両親の気持ちに思いを馳せた作文でした。

何年か前に、成人を迎えた娘に「私も成人を迎えました」とお母さんが言うCMがあったんですが、覚えている方いらっしゃるかな?
“親”になったのは、子供が誕生した日だから・・・というステキなメッセージです。

そのCMを母と見ながら、「でも、私とお母さんは同い年じゃないね」と私が言うと、
「同じでしょ。サルちゃんの親になったのは、サルちゃんが生まれた日だから」
と言われました。
そんな両親の元に生まれることが出来て、私は本当に幸せです。

両親にとって、授かったときから今もずっと、私は“特別”で“奇跡”なんですよね。
もちろん、私に限らず、シロのこともそう思っているでしょう。
このブログにご訪問くださった皆さんも、同じように“特別”で“奇跡”だと思ってくれる人がいらっしゃる。

潤くんの“ソモソモ”の授業は、私たち1人1人の存在が輝く“気付き”を与えてくれました。
もっと自分を大切に、もっともっと出会えた人達を大切に出来る私になりたいな。
そんなことを思ったサルでございました~。

読んでくださり、ありがとうございました☆

関連記事

COMMENT

       

感動しました…

サルさん、こんにちは。

昨夜この記事を開いて、サルさんのお話を読ませていただいてから、涙が出てしょうがなかったです。
なので一晩明けるまで、気持ちが言葉に纏まらずコメントできませんでした。

またしても私事で恐縮ですが、私の母は私が2歳になる前に他界しました。
妹を身籠っている時に子宮癌を発症し、まさに私の母もまた、命と引き換えに妹を産んでくれたのです。

後に残される夫や子供のこともあるのですから、もちろん、どの選択が正しいということは言えない問題だと思いますが、
私は、妹を産んでくれたことに感謝していますし、
置いて逝かれた事を恨んだことは一度もありません。

ただそれでも、愛された記憶を持たないことへの寂しさは感じていましたけれど、
それこそ、妊娠出産の苦労や苦痛を乗り越えて子供を抱いた瞬間に、そんな心細さは全て解消しました。
自分は愛されていた、間違いなく愛されていたと、心の底から確信することが出来たのです。
あの時のことを思い出して、同じように泣けてしまいました…

同時に、サルさんのお母様の当時の胸中を想うと、新たな涙が湧いてきます。
内心どれほどの恐怖と戦われながら、独り、あなたを必死で護ろうとなさったのかと考えると…

私はあまり出来た人間でないので、もしも初産で同じような問題に当たったとしたら、自分を選んでしまったかもしれないと思います。
妊娠中はまだ、出産への恐怖心ばっかり募っていて、親になるっていう実感が持てない、情けない人間でした。
でも今だったら、迷わず子供を取ると思います。
どれほど自分が愛されていたかも、どれほど子供を愛せるかも、今なら知っているからです。

自分が愛を受けた存在であると知るのは、大きな力になります。
まだ実感できないとしても、大勢のお子さんや若い方が、ソモソモの授業で学ばれたことは、いずれ大きな実を結ぶ種になるのでしょうね。
そして自分のことも他人のことも大切に出来る人に、きっと。
私もそうありたいと強く思いました。
       
       

わーおわーお

私も同じ日に登校してましたよーー!!
レポをやっと書き上げたので久々にブログまわりをしていたら…もうびっくりです。
同じ空間にいたんですね♪
なんだか嬉しいです(*^^*)

実は私、ワクワク学校はDVD化するとふんで、VTR中は『嵐さんガン見タイム』と称して彼らを観察してたんです。
そのためVTR中のレポはやれ潤くんの座り方がどーだのやれ潤くんのお茶碗の持ち方がどーだのいうものしかなくて。(VTR見ろよ)
だからサルさんのレポはほんと復習にぴったりです(*^^*)♪


それにしても!!!
ちょっと潤くんかっこよすぎませんでした!?
もちろん嵐さん全員ありえないほどかっこよかったですけど、私的には潤くんの美しさが一番衝撃的でした。
顔も身体も美しすぎて人間とは思えなかったです。やっぱり天使だな、と。
とにかく魅力的すぎて潤担になりそうな勢いでした。(ニノちゃん嘘です、ごめんなさい。)
いやでもほんとに、上のほーからでも十分わかる美しさでした。


なんか長々書いちゃいましたけど…
レポ、続き頑張ってください♪
一息ついたらでいいのでもしよかったら私のレポもちら見してやってくださ~い(*^^*)
       
       

ちゅん子さんへお返事

ちゅん子さん、こんばんは~。
コメントありがとうございます!(^^)!

ちゅん子さんのコメントに、私の方こそ号泣ですよ~~(T_T)
それにしても、ちゅん子さんは一体全体何者ですかっ!!!
本当に色々な経験をされていて、辛く悲しい経験も全て、
喜びや感謝に変えてこられた・・・そんな印象を受けます。

「なんて大きい人なんだろう」ってコメントを戴く度に感じていて、
そんなちゅん子さんに私のブログを気に入って頂けたなんて、信じられない気持ちです。

子供にとって母親は、世界の中心で、何にも代えられない存在ですよね。
ちゅん子さん、妹さんが育っていく過程で感じられた気持ちを思うと、言葉になりません。

そして、ちゅん子さんのお母様が、どんな思いでいらっしゃったのか・・・。
私が軽々しく想像することではないかもしれませんが、
きっとちゅん子さんがお母様の愛情を確信されたことを、
とてもとても、とても喜んでいらっしゃるだろうなと思います。

親孝行しなければいけないな・・・。
どんなに頑張っても、両親が私にかけてくれる愛情に報いることはできないと思うけれど、
母を大切にして(父は他界しておりますので)、私が幸せな姿をたくさん見せてあげたいと思います。

そうですね、嵐さんは本当にステキな種をまいてくれました。
日本中、そして世界中にこの種が広がり、大きな実になって欲しい。
ちゅん子さん、一緒に種を広げていきましょう~!!

ちゅん子さんに出会えて、本当に良かったな(*^^)v
       
       

よつばさんへお返事

よつばさん、こんばんは~。
コメントありがとうございます!(^^)!

ええーーーーっ!!!
一緒の回だったとは・・・私もめちゃめちゃ嬉しいです♪♪♪
いつの間にやら1週間経っちゃって、大分記憶も薄れ気味・・・。
残すところ、あと1回なので、急いで書き上げねば(*^^)v
書き上げたら、よつばさんのブログに速攻でお邪魔しますv-238

私も本当は生嵐さんの様子を見ようと思ってたんだけど、授業に夢中になっちゃって。
なるほどね~、DVD化を見越しておけば良かったのか・・・。
よつばさんのレポ、楽しそう♪♪♪

ちょっと、めちゃめちゃ嬉しいじゃないの!!!
ニノ担さんに、あのNEW髪型の超絶イケメンを差し置いて、
そんなことを言ってもらえるなんてv-238
いや~、私も思いましたよ。
なんか潤くんがカッコ良すぎて、美しすぎて、「人間じゃないわ」と呟いてしまったよ。

嵐さんみんな、超絶キラキラしてたね!!!
なんであんなにカッコイイ人達がいるんだろう?
ねえ、どうしてなの? どうしてだと思う??
(嵐さんのあまりの魅力に壊れ気味)

ハッ、トリップしている場合ではなかった。
レポの続き、頑張ります(*^^)v
       

EDIT COMMENT

非公開コメント

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


検索フォーム
お友達ブログ


メールフォーム
FC2を通して、私たちにメールが届きます。 アドレスを入れて送って下されば、お返事させて頂きます♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。