プロフィール

サルとシロ

Author:サルとシロ
嵐(とくに松潤)ファンのサルと、フィギュアスケーター浅田真央選手ファンのシロが、2人で管理する姉妹ブログです。

初めましての方は、“こちら”に簡単な自己紹介とコメントに関するお願いが書いてありますので、読んで頂けると嬉しいです。

Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
FC2カウンター
現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嵐のライブにハマる ~サル~

11月30日が〆の、ちょっと大きな仕事が終わり、ホッとしているサルです。

テンプレートをお借りして変えました~。
きっと皆さん、「記事の幅を広げた方が・・・」と思ってらっしゃいましたよね??これで長い私の記事も少しは・・・。

というわけで、サルが嵐ファンになった経緯第4弾です。
お友達が貸してくれた嵐のライブDVDを観て、サルはどうなってしまうのか??
長いですが読んでやってください
↓↓


「最近嵐に興味がある」と話したら、早速お友達が「ARASHI AROUND ASIA 2008 in Tokyo」「ARASHI SUMMER TOUR 2007 FINAL Time-コトバノチカラ-」「ARASHI Anniversary Tour 5×10」の3本を持って泊まりに来てくれました。

ええ、土日の2日間、ノンストップで3本観ちゃいましたよ!
カッコいい、カッコいい!カッコいい!!
楽しい、楽しい!楽しい!!!
でしたから。私の心の動き。

まず、お友達が初めて観たという「AAA2008」から観始めました。
ライブ映像が始まる前に、リハやレコーディングの様子を収めたメイキング映像が入っているので、お友達に「どうする?」と聞かれたんですが、「観たい!」と思いつつ、「とりあえずライブから・・・」と言ってしまいました。
メイキングから観るっていうと、すごいファンみたいじゃないですか。私って本当にくだらない見栄?を張るんですよね。そのせいで人生たくさんの損をしている気がする・・・と、そんなネガティブな反省は置いといて。

嵐のCDは「All the BEST!」しか持っていなかったので、知らない曲がたくさんありました。
でもどの曲もいい!
正直「All the BEST!」が全曲良かったのは、シングルのベスト盤だから当然かなと思っていたんです。
だから、衝撃でしたよ!「Oh Yeah!」「Still…」などシングル曲より好きかもと思う曲がたくさんありましたから。

テレビに出ている嵐も楽しそうで、仲良さそうで好きでしたが、
ライブ中の輝きといったら!
本当に心からファンと一緒にいられる空間を喜んで、楽しんでいるように感じました。

コール&レスポンスで客席を煽り、観客と一緒に手を振る。
5人+7万人の一体感がすごかった!
「私も一緒に手を振りたい」って2曲目の「Oh Yeah!」からテンションMAXになりましたよ。
2回目に1人で観たときは、テレビの前で手を振るわ、踊るわ、跳ねるわで汗だくになりながら楽しみました!

実は私、嵐ファンになったものの、ライブに行きたいとは全く思っていなかったのです。国立競技場や東京ドームなど「大きなハコ」では、アリーナ以外の席はステージが遠すぎて、特にアイドルグループのライブは楽しめないんじゃないかと思っていました。

だから感動しましたよ。
あの広い国立競技場で、会場中全てのお客さんに、可能な限り近づこうとする姿勢。特に命綱なしでのクレーンやタワーに感動しました。

ステージ上と客席の大きな隔たりが、「目線の高さが合わない」ことだと思うのです。その大きな隔たりが、客席を傍観者にしてしまって、一体感が生まれにくくなると私は何回か自分が参加したライブで感じていました。

嵐はスタンドの一番上の席の人とも、目線の高さを合わせてくれましたね。
3時間半のライブ中、たった1回だけでも目線の高さが合えば、それだけですごく幸せだし、一体感が生まれると私は思いました。
こんなコンサートだったら、スタンドの一番後ろの席でも、絶対に楽しいだろうなと感じ、「ライブに行きたい!」と強く思うようになりました。

続いて「MJウォーク」が観たかったので、「Time」ツアーのDVDを観ました。
潤くんが考案したというムービングステージ、本来はこうやって使うものだったんですね。ファンに喜んで貰うために、一緒に楽しい時間を過ごすために、本当に時間をかけて一生懸命作っているんだな~とまた感動。
このDVDでも新しい曲を知り、大好きになり、CDを買いに走りましたよ。

「Time」ツアーの方が踊っている曲が多く、もう、
カッコいい!ヤバイ!!カッコいい!!!と大興奮。

そして、「AAA2008」には入っていなかった「最後の挨拶」で心を鷲掴みされます。お友達と一緒じゃなかったら、絶対に泣いてましたね。

翔くん「会場が大きいことが重要なんじゃない、皆さんの気持ちの大きさ、愛情の大きさが僕たちにとって一番の糧だと思っています。みんなが応援してくれる、その一人一人の、一人一人の気持ちの大きさが、僕たちは一番うれしいです」という言葉。
嵐の5人は、「ファン」とか「客席」とか、大きな一括りでは決して考えないで、一人一人と向き合おうとしてくれているのではないかと感じ、心に響きました。

リーダー「こういう良い空間は、皆さんと一緒じゃないと味わえない空間だと思っています。もっともっと僕らと一緒に人生を共に、どんどん僕らと一緒にいい宝物を作っていきましょう」という言葉。
嵐とファンは一体なんだ、と言ってくれているように感じ、心が震えました。

相葉ちゃんが泣きながら繰り返した「ありがとう」という言葉。
どんなに美麗秀句を並べられるより、心に届きました。

潤くん「この場を借りて、この場所にいる全ての人に、今まで僕らの夢についてきてくれてありがとう。またこれからも、色んな夢を描いて進んでいこうと思うので、これからも俺らの夢に付き合って。最後に、ここにいる皆は一人じゃないから。俺がいるから。俺ら嵐5人いるから」という言葉。
ファンに対して深い、大きな愛を告白してくれたように感じ、心が沸騰しました。

ニノ「本当に嵐っていうグループはそういうことで、歌はヘタかもしんないし、踊りもヘタかもしんないし、しゃべることも面白くないかもしんないし、だけど、全部に、自分たちが全部やることに、気持ちは入ってます。皆が楽しんでくれりゃいいなとか、ずっと皆のことを考えてコンサートをやっています」という言葉が私を変えました。

嵐ファンに対して「○○の方が歌も踊りもうまい」「○○の方がスタイル良いしカッコいい」など他のアーティストと比べる人がいます。
でも、心に響く歌って、上手い人が歌っている歌とは限らないと思うのです。
心に響く笑顔って、顔立ちが整っている人の笑顔とは限らないと思うのです。
自分が好きな人が、気持ちを込めて歌ってくれている歌が一番心に響くし、自分の好きな人の笑顔が最高の笑顔だと思うのです。

それぞれ違う一人一人の人間が、「誰の歌が聴きたいか、誰の笑顔が見たいか」を選択する中で、私は、嵐のファンは、「嵐の歌が聴きたい、嵐の笑顔が見たい」と思っているだけなんです。
そしてそんな私たちファンに対して、心の底から気持ちを込めて歌ってくれるから、笑ってくれるから、嵐の歌が一番心に響くし、嵐の笑顔に一番心が震えるんです。

ニノの言葉を聞いて、お友達にもシロにも、胸を張って「嵐の大ファンです」と言えるようになりました。

サルが嵐ファンになった経緯シリーズもやっとぼんやりと終わりが見えてきました。第5弾は「5×10」ツアーのDVDから始まります。
本当に長い文章を読んでくださり、ありがとうございました~。


関連記事

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


検索フォーム
お友達ブログ


メールフォーム
FC2を通して、私たちにメールが届きます。 アドレスを入れて送って下されば、お返事させて頂きます♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。