プロフィール

サルとシロ

Author:サルとシロ
嵐(とくに松潤)ファンのサルと、フィギュアスケーター浅田真央選手ファンのシロが、2人で管理する姉妹ブログです。

初めましての方は、“こちら”に簡単な自己紹介とコメントに関するお願いが書いてありますので、読んで頂けると嬉しいです。

Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
FC2カウンター
現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勘違いしてた(謎ディー第4&5話) ~サル~


本日のテーマ曲は、“曇りのち、快晴”

「広がってる 明日に向かってDAN DAN DAN ! 」

リーダー、新春SPドラマ主演決定!!!
おめでとう!! ありがとう!!!

ってことで、本日のテーマ曲は“曇りのち、快晴”
映画の番宣やらSPドラマやらで、リーダーは年末年始大忙しですね。体調に気を付けて、ガンガン進み続けて欲しいです。
ドラマ、めちゃめちゃ楽しみだ~~~♪♪♪

謎ディーの原作、結構前に読んで、ドラマ開始直前に友達に貸してしまったので、勘違いしていたんですが、原作って6話もあったんですね。ドラマ第6話の予告を観て、「あれ、私これ知ってるぞ」と気付きました。
記事内か、コメントのお返事で、「4話で原作の話が終わる」と書いてしまったんですよね。
しかも、5話は「謎解きはディナーの後で2」の話だそうです。ってことは、オリジナルストーリーはないのかな?
勘違いして間違った情報を載せてしまい、大変申し訳ございませんでした。

さて、謎ディーの第4話、第5話の感想をアップします。
全体的にざっくりと、って感じですが、少々ネタバレしてますので、お気を付けください。

↓↓


謎ディー、4話からグッとテンポが良くなりましたね~!!
事件と同時進行だから、というのもありますが、5話もテンポがよかったので、脚本と演出が頑張ってくれたんだな~、と少し感動してしまいました。

同時進行がテンポよくなるのは当然だと思うんですよ。でも謎ディーのベースはお屋敷で影山が謎解きをする形式だと思うので、その形でテンポがよくならなければ意味がないと思っていたんです。
だから、5話からどうなるのか期待していたんですが、よかった!!

あと、4話から北川さんの演技が良くなりましたね~。
翔くんの演技も、今までも良かったけど、更に良くなった!!
これは、脚本と演出の力かな? と思ってます。

北川さんは、今までも面白いイイ表情をたくさんしていたんですが、セリフが少し残念だと私は感じている、と前に感想で書きました。
4話から、ナレーションではなく、北川さんの“独り言”という形で表情と合わせてきましたし、表情だけで表現する場面も増えて、北川さんの演技が活かされるようになったと思います。
最初の、リムジンの中で招待状を投げる動き、麗子の感情が非常に表れていたし、
「何だ、その上から目線」は言い方も秀逸だったと思います。

あと、北川さん自身、何か吹っ切れたのかな? と思うくらい、感情表現が豊かになりましたよね
~。
影山に「今回はもう教えてよ~」と哀願する場面、とても良かった!!

北川さんの演技が感情豊かになったからか、麗子と影山の場面がすごくテンポよくなったように感じます。
5話冒頭の“国立日記”について熱く語る影山の場面とか、宝生家のリビングで謎解きをする場面とか。

“国立日記”は、さざえさん、クィーンQなどに続く、影山のヲタクボケの場面ですよね。
3話では、クィーンQがわかりやすく謎解きに関係してきたので、クローズアップされましたが、1&2話でも、さざえさん、アガサ・クリスティが謎解きに関係しているのに、あまりクローズアップされませんでした。
それは、影山のヲタクボケ場面の演出がテンポ悪いことと、一言でいいから繋げるセリフを入れなかった脚本のせいだと思うんです。
“国立日記”は事件の主になっていたので、必然的にクローズアップされますけど、最初のボケの場面のテンポの良さが、後の展開にずっと活きていたように感じました。

風祭と麗子の遭遇については、もう語るまい。
4話であんなにガッツリ絡んじゃって、毎回事件現場ですれ違っていて、現実的には気付かないわけがないし、どう考えても不審人物ですよ。
でもフィクションだからね。コメディードラマだからね。
「そういうもの」として捉えるしかないのでしょう。

4話の手塚理美さん、森本レオさんはさすがの演技でしたね。
執事とお嬢様の信頼関係、絆がビシビシ伝わってきて、泣いてしまった。影山と麗子が、自分たちに置き換えて見守っているような表情で、非常に深みがあったと思います。
5話の中村俊介さん、マイコさんも良かった!!
それにしても、ゲストが豪華ですね~。

翔くんの演技は、本当に素晴らしいと思う。
4話は、「奥ゆかしい」が秀逸だった!!
「奥ゆかしい」って、非常に使い辛いというか、難しい言葉じゃないですか?
それをあんなにあっさり、でもちゃんと感情を表すように言えるなんて、ビックリしました。

あと、4話は麗子と2人じゃなくて、大勢と一緒の場面が多かったので、翔くんのセリフがない時の小芝居に感動。
麗子が有里の弟妹と話している後ろでの、細かい演技とか、麗子が犯人にされそうな時の小芝居とか。

4話は、料理の場面も感動した~。
りんごの皮を剥くのに30分かかる人ですよっ!!
ちゃんと料理上手な人に見える手付きだった!!

5話は、宝生家のリビングでの、メガネを外して言い放った「のうのうと~」の件。
表情と言い方が非常にイイ演技でしたが、影山のSっ気全開っぷりにドキュンキュンさせられたわ。

5話最後の、思わせぶりな影山のセリフと表情も良かったですね~。
あそこは、麗子がもっと動揺してるのがわかるような演出をして頂きたかった!!

犯人に対峙する場面、その後の「お忘れなきよう」が、回を追う毎に重みを増しているように思います。
温かくて、深い思いやりがあって、でもきっぱりとしてて。
翔くんのセリフ回し、すごくイイと思う!!

いや~、どうなることかと思いましたが、面白いドラマになりましたね~!!
後半戦は安心して楽しめそう♪♪♪

読んでくださり、ありがとうございました~☆

関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


検索フォーム
お友達ブログ


メールフォーム
FC2を通して、私たちにメールが届きます。 アドレスを入れて送って下されば、お返事させて頂きます♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。