プロフィール

サルとシロ

Author:サルとシロ
嵐(とくに松潤)ファンのサルと、フィギュアスケーター浅田真央選手ファンのシロが、2人で管理する姉妹ブログです。

初めましての方は、“こちら”に簡単な自己紹介とコメントに関するお願いが書いてありますので、読んで頂けると嬉しいです。

Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
FC2カウンター
現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

流す曲に想いがこもる(ジュンスタ9/24 その2) ~サル~


“嵐にしやがれ”を堪能している間に日付が変わってしまったけど、とりあえず朝までは昨日ってことで、本日のテーマ曲は朝決めようと思います。

いきなり始めてみた本日のテーマ曲、楽しんでくださってる皆さん、本当にありがとうございます!
毎日聴いている、大切で大好きな嵐の曲。「これが1番好き」とかは全く決められないんですが、「今日の気分はこれ」って選ぶのは本当に楽しいです。
これからも続けていこうと思っているので、よろしくお願いします!

しかし、テーマ曲を始める前は、長い記事を書かない嵐ゴトに対する一言感想を前置きにしていたんですが、それが出来なくなってしまったのよね。
出来ないわけじゃないんだけど、記事も長いのに前置きも長いって、いかんだろうと思いまして。
何かやり方を考えないとな・・・。

とりあえず、
相葉ちゃん、ベストジーニスト受賞、おめでとう!!!
レコメン10周年、おめでとう!!!


「ジーンズが似合う男子No,1」が“私の中で”だけじゃなくて、日本中に認められましたね! 授賞式、すごくすごくカッコよかった!
そして、レコメン。毎回涙流して大爆笑してます! 大好きです!! これからもずっとずっと、楽しい時間を届けてくれると嬉しいです!

というわけで、やっぱり前置きが長くなってしまいましたが、ジュンスタ最終回の感想その2をアップします。
その2は、料理を作った回の話、ラジオで流す曲の話です。
楽しんで頂けると嬉しいです。

↓↓


紫「」が潤くんの発言です。
黒「」がリスナーのお便り。黒「」内の紫()は潤くんの発言です。
完全文字起こしと言っても、リスナーのお便りは省略してます。


「懐かしいねぇ。そんな前なんだね、そう考えるとね。
だから坂本龍一さんとかと話・・・ボイスメールみたいのやったりしてたのも、その頃ってことだよね? 2004年だっけ? あっ、そうか、だって“ソリッドプンナーズ”にさぁ、坂本龍一さんが来たんだよ! あれ、すごかったよねぇ、今考えると。
そうそう、何かコンサートの前の日で、終わって“時間ありますか?”って言われて、“勿論あります”って言って、何か食事ご馳走になったのを覚えてますねぇ。
それからNYに行ったときとか、あの~、連絡させて貰ってご飯ご馳走になったりとか・・・面白いですねぇ。ホントにだって、この番組やってなかったら、坂本さん、ただ好きで曲聴いてるだけだったはずだから。有難い限りですよ、ホントに。
いや~、色んなことを思い出しますなぁ。こうやって振り返ってると。
え~、まだまだ時間が許す限り、メールを読んで行きたいと思います」


「ジュンスタを聴き始めてから8年半の日々が脳裏をよぎりました。聞き逃した回は2、3回。録り溜めたMDは数十枚。
(スゴイですねぇ)
放送開始から1年が経っていない頃、カラサキさんと料理を作ったこともありましたね。番組は試行錯誤だったのかもしれませんが、こちらもハラハラして楽しい時間でした」

というリスナーさん。

「あの~、僕がその料理ってことで覚えてるのは2つありまして。
まず、普通にカラサキさんに“料理やってみよう”って、話になってやったら、視聴者から“くちゃくちゃうるせー”っていうメールをすげぇ貰った(笑)っていうのと、
あとあの~、何かね、結構やってたんだよね? 色んなのやって、1回メレンゲが作れず、メレンゲを何かこう、一生懸命泡立てようとしたんだけど全然出来なくて・・・そうそう、そのメレンゲのツノが立たない、みたいな。わからなくて、自分の母親に電話をして、それでもダメで。
で、その~前録ってた、収録してた場所のすぐ近くに、何かこうスイーツやってるカフェみたいなとこがあったんで、深夜その店行って、そこの人に(笑)いきなり“ツノ作ってください”っつって、いう話してたら、たまたまナリがそこにいて。成宮くんが。“おお、何やってんの?”みたいな話になったりして。そういうのもありましたね。
よくなんか、カラオケでも録ったよね? カラオケに行って、普段歌う曲はどういう曲で・・・みたいなことやったり、あと何・・・それこそ、あの、TOKIOの山口くんとビリヤードとかね、対決したり・・・旬の、あれ何だ? “シュアリーサムデイ”のときか? も、外で、あの、旬にじっくり話聞く、みたいなこともありましたしね。
ホントに何か色んなことをやらせて貰ったし、まあ最近結構こう、落ち着いてというか、スタジオでね、ずっとやることが多かったですけど、昔はホントに、何かラジオ番組なのに何でこのJUN STYLEってこんなにロケがあるんだろう? っていうくらい、すげー頻繁にロケやってたから、聴いてる人たちも何か、そういう印象があったのかもしれないですけどねぇ」


「結婚式の控室でJUN STYLEを聴いたこと、分娩室でJUN STYLEを聴いたこと。色々思い出します。ラジオを聴きながら生んだ子は、6歳になりました」
というリスナーさん。

「すごいねっ。
う~ん、あの結婚式の控室で聴くとかってのはわかりますけど、分娩室で陣痛に耐えながら(笑)聴くのが正しい番組なのか、ちょっとわかんないですけど、有難いですね(笑)。
ま、歴史感じますね。こうやって何か、リスナーの人もそれぞれね、その時のシュチュエーションとか、何か色んなことを思い出しながら聴いてくださってるような気がしますが・・・はい」


「私は潤くんが、自分の好きなアーティストの話をしているのが1番好きでした。山下達郎さん、aikoさん、ドリカム、マイケル・ジャクソン、そして嵐。
私が覚えているのはこの方たちくらいなのですが、潤くんはもっとたくさん好きなアーティストの方がいたと思います」

というリスナーさん。

「そう、あの、さっきスタッフの方と話してたんですけど、昔なんか、もっとDJぽかったよね? みたいな(笑)話になり、確かにあの~、始まったときからずっと、そうやらせて貰ってたんですけど、どの曲をかけるのかとかは、あの~お奨めして貰ったりっていうのは勿論ありますけど、最終的には自分で全部選ばせて貰ってて、特に前半はその当時聴いてた曲とか、昔聴いてて思い入れの強い曲とか、そういう曲をすごくかけさせて貰ってましたね。
結構後半さ~、何かこう、土曜のこの時間帯意識しつつ、ゆったりめな曲とかもかけてるじゃないすか。何か最初の頃とか、イケイケっぽかったよね。さっきの1回目の放送とか聴いてもさぁ。
あれとかも懐かしいすね。あれ俺がね~、その当時宮古島行ったときに、ずっと宮古島でヘビーローテ―ションで聴いてたんすよ。“ビーニーマン”か何かだと思うんだけど。ビーニーマンとジャネットか何かが、やってる曲だと思うんすけど。
ホントに何か(笑)趣味の世界だよね。それはそれは。そう思いますね。
あの~、それこそメールも頂いてましたけども、嵐の曲、新曲とかをね、こうリリースするときに、ちゃんと最後までコーダ
(?すみません、知らない単語なんで聞き取れなかった)とかに乗っからずに最後まで聴けて嬉しかったです、っていうメールとかもありましたけど、ホントに、あの~、スタッフのカラサキさんがですね、最後まで曲を大事にしてくれたって印象がありますね。感謝してます。はい。
何かそういう風に、自分の好きな曲だったり、まあ自分たちの曲もそうですけど、自分の好きな音楽をこう、人に届けて、聴いて貰えるっていうのは、嬉しかったですね、そういうの。はい」



坂本龍一さんの話をしながら、潤くんは大興奮しておりまして、ものすっっっごく可愛かったの!
そうか、ジュンスタを通して知り合って、今はプライベートでお会いできる関係になったんだね。すごいねぇ、嬉しいねぇ。
こうやって仕事を通して知り合えた人と仲良くなれるのも、潤くんの仕事に対する姿勢を認めて貰えたからだと思うよ。
1つ1つの仕事をきちんとやって、それで次のチャンスを頂けて・・・ってだけではなくて、そこで知り合った方ときちんと接して、関係の輪を広げて・・・そういう風に嵐は大きくなっていったんだね。
すごいよ、潤くんは。すごいよ、嵐は。
・・・・大好き❤

ラジオなのに料理とか、ロケとか、面白い!
本当に自由に、色んなことをやらせて頂いていたんだね。NACK5のスタッフの皆さんは、本当に潤くんという人が大好きで、一緒に番組を作ることを楽しんでくださっていたんだな~。有難いです。
山口くんとビリヤード対決した回が、超絶気になるっ!
実はですね、サルは一時期「プロになろうか?」と思うほど(腕前はプロからほど遠いですけど)ビリヤードにハマってたんですよ。マイキューを購入し、ほぼ毎日通ってましたから。
潤くんと対決して圧勝したい!!
そして、拗ねてる潤くんに、手取り足取り教えてさしあげたいっ!!
くぅぅぅ~、妄想が広がるわ~♪

ビリヤードはね、非常に楽しいですよ。カップルで対決しても盛り上がります!
私は昔、当時の彼氏と、「今日の晩御飯、どちらが奢るか」っていう小さいものから、「クリスマスデートのプロデュース、どちらがするか」など大きいものまで、色々賭けて勝負してましたから。
ビリヤード場がどんどんダーツに替わって、今やそのダーツも落ち着いた印象がありますが、まだやったことが無い方は是非、遊んでみてくださいね。

ラジオで流す曲から、潤くんの“今”がすごく感じられた。
Mステ出演後のジュンスタで、共演していたアーティストの曲をかけることが多くて、「Mステで聴いて気に入ったんだな~」とか、「Mステ、楽しかったんだな~」と感じて、嬉しくなったりしていました。
ほぼ全部流してくれる曲と、1番だけの曲があるので、全部流してくれる曲にメッセージを感じることも度々ありました。

9月3日の放送で、ジュンスタが終了する経緯を話してくれた潤くんが、話の最後に流した曲が“サクラ咲ケ”だったことにも、潤くんからのメッセージを感じて、曲を聴きながら泣いてしまったな~。
ちゃんと受け止めることが出来たのは、そのおかげかもしれない。
「振り向くな 後ろには明日はないから 前を向け」
って歌詞に、潤くんが前を向いている気持ちを感じて、“頑張って!”って思ったし、
「遠く離れても決して消えない だから別れじゃない」
って歌詞から、リスナーに対する潤くんの想いを感じたし。
語れなかったこと、語り切れなかったことを、曲に込めてくれたのかな~なんて思いました。

よくよく考えたら、嵐はいつもアルバム曲に想いを込めて届けてくれるんだよね。
ライブのセットリストにも、嵐の想いが詰まってるんだよね。
1つ1つのこと、1曲1曲を大切に受け止めていきたいな~と思ったサルでございます。

その3は、潤くんが語る19歳の頃、ジュンスタの時間を引き継いだ亀梨くんからのメッセージです。
読んで下さり、ありがとうございました~☆


関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


検索フォーム
お友達ブログ


メールフォーム
FC2を通して、私たちにメールが届きます。 アドレスを入れて送って下されば、お返事させて頂きます♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。