プロフィール

サルとシロ

Author:サルとシロ
嵐(とくに松潤)ファンのサルと、フィギュアスケーター浅田真央選手ファンのシロが、2人で管理する姉妹ブログです。

初めましての方は、“こちら”に簡単な自己紹介とコメントに関するお願いが書いてありますので、読んで頂けると嬉しいです。

Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
FC2カウンター
現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JUN STYLE最終回を迎えて ~サル~


テンプレートを変えました~。
訪問して下さる方が読み易いように、何週間前から色々試行錯誤をしておりまして、お借りしたテンプレートをカスタマイズしてみました!
まだまだ改良中ですが、皆さんに喜んで貰えるブログを作っていきたいなと思っております。

さて、本日のテーマ曲は、“マイガール”

「ありがとうの想いを伝えたいよ そっと君のもとへ」

今日、嵐・JUN STYLEが最後の放送を迎えました。
最後の放送の、本当に最後、エンディングに流れたのが“マイガール”
今日はオープニングからずっとウルウルしながら聴いていて、最後のこの曲で決壊。
すごくすごく、感動してしまった。
最終回で「寂しい」じゃなくて、「感動」で泣くとは思わなかったよ。
後日、完全文字起こしをしようと思っていますが、とりあえずジュンスタ最終回を迎えて、今私が感じていることを書かせて頂きます。

↓↓


「ここで、みなさんに大切なお知らせをしたいと思います。
え~、2002年の10月からですね、スタートしたこの嵐・JUN STYLEなんですが、この秋9月を以て、終了させて頂きます。」


9月3日の放送で語られた、潤くんからの“大切なお知らせ”
去年ファンになってから時間が合うときは聴くようになって、今年に入ってからは毎週欠かさず聴いていた、潤くんからの30分のメッセージ。
私にとって、1週間で生まれた自分の中の悪い気持ちがリセットされる、本当に素敵な30分間になっていました。

その後潤くんが語った終了に至る経緯・・・丁寧に、誠実に話してくれているのを感じ、
「潤くんの決めたことだから、仕方ない。これからの潤くんを楽しみに、より一層応援しよう!」
と思ったものの、やはり寂しさは感じてしまい、胸の奥がシクシクと痛み続けているような状態でした。

そんなモヤモヤをずっと抱えていたのですが、今日の放送でキレイさっぱり消え去りました!

10日の放送で、リスナーの方と直接話す潤くんは、本当に楽しそうでした。
17日の放送で、初めての生放送をしながら、リアルタイムでファンと交流出来ることを、潤くんは本当に喜んでいました。
ジュンスタが終わっても、潤くんがファンを大切に思ってくれる気持ちは何も変わらないし、私たちファンが潤くんを応援する気持ちも何も変わらない・・・そんな当たり前のことに気付けて、胸の奥の痛みが治まりました。

そして今日。
オープニングは、2002年10月5日、第1回放送の19歳の潤くんの声から始まりました。

「荒れていたというか、探していた時期。
自分なりに考え、大人になるための“最後の悪あがき”をしていた」

と潤くんが語る19歳の時。それから9年間。
「ちゃんと聴きやすい番組になるまで時間がかかってしまった。
それに辛抱してくれたスタッフの皆さん、お便りをくれたリスナーの皆さんに、感謝、感謝、感謝」

と潤くんは言います。

ラジオの文字起こしをしていると、ジュンスタは非常に書き出しやすいんです。
“1人しゃべり”というのが大きな要因だと思いますが、話す速度が聞き取りやすい。
それは潤くんが、毎回リスナーに対してちゃんと届くように気を使いながら話しているからだと思うのです。
だから“聴いている”だけではなく、潤くんと“繋がっている”と感じる。
9年間、少しずつ少しずつ、そういうことが出来る“素敵な男の人”に成長していったんだな~と感動しました。
そして、悩んでいた潤くんが、自分の力で成長していけるように支え続けてくださった、NACK5のスタッフの皆さんに、心から感謝しました。
「こうしなさい」と型にハメられ、言われたことを言われた通りにやっていたら、今の潤くんにはなれなかったんじゃないか?って、そんなことを思いました。

だからきっと、今回の選択で、潤くんは更に“魅力的な人”に成長するんだろうな。
今だって、神々しいくらいに魅力が溢れているのに!!
楽しみ過ぎて、どうにかなってしまいそう❤
なんて思ったら、ジュンスタが終了する寂しさが、ワクワクに取って替わられました。

エンディング、“マイガール”が流れる中、
「今聴いて下さってる、今までずっと聴いて下さったリスナーの方、
これからも幸せな毎日が訪れるよう、祈っております。
では、お相手は嵐の松本潤でした。
9年間、ありがとう!
バイバイ!!
(これは本当に“バイバイ”だ~と思って少し寂しかった)

で、JUN STYLEが終了しました。

パチパチパチパチ・・・とスタッフの方の拍手が響きます。
そして少し照れたように、潤くんは「ありがと(うご)ざー(いま)したー」と言いました。

“マイガール”の優しくて、温かい歌詞が胸に響いた。

「ありがとうの想いを伝えたいよ そっと君のもとへ」

潤くんは、リスナーの皆、スタッフの方々に「ありがとう」と思っていて、
スタッフの方々は、潤くん、リスナーに「ありがとう」と思っていて、
リスナーは潤くん、スタッフの方々、そして同じリスナーに対しても、「ありがとう」と思っている。

そうなんです、ジュンスタはファン同士の繋がりもすごく感じられた番組でした。
同じように感じているリスナーさんがいらっしゃって勇気を貰ったり、自分とは違う意見の方がいらっしゃって気付くことがあったり。
潤くんと一緒に「頑張れ~」って応援したり、「良かったね」って祝福したり。

ジュンスタは、関わっている全ての人々が温かい気持ちでいつも繋がっていた、そんな優しい番組でした。

「遠く離れてしまっても 思い出に満ちた未来へ」

これからは毎週土曜の30分間が無くなってしまうけれど、
ジュンスタを聴きながら感じた潤くんとの繋がり、ファン同士の繋がりは私の胸にしっかりと刻まれているから、
その温かい気持ちを常に忘れずに、日々頑張っていきます。

潤くん、スタッフの皆さん、9年間、本当にお疲れ様でした
そして、本当に本当に、

素敵な時間をありがとう!!!

潤くんの未来が素晴らしい思い出に満ちたものになりますように。
これからも、

全力で潤くんを、嵐を応援していきます!!!


以上、ジュンスタ最終回を迎えて、私が思ったことでした。
本日発売のTV誌、しやがれ未公開SP、嵐新曲、潤くん司会などについては、明日以降感想を書いていきたいと思います。

読んでくださり、ありがとうございました~☆

関連記事

COMMENT

       

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
       
       

鍵コメのSさんへお返事

Sさん、こんばんは!
コメントありがとうございます!(^^)!

私も同じです!!
リスナーに対する発言もそうだし、語られる物事に対する考え方が、素の潤くんの素晴らしい人間性が表れていましたよね。
毎回毎回、スゴイな~って尊敬して、大好きだ~って愛が深まって・・・。
うん・・・本当に特別な時間でしたね。

「自分の決めたことだから」って、胸に響きましたよ~(>_<)
潤くんも寂しいと思ってくれてるんだって、泣きそうになって、だったら「ファンは風」って言ってくれた潤くんのために、私は寂しいと思わず、潤くんの背中を押す風にならなきゃ!なんて、元気を貰っちゃいました。

そうですね!潤くんには、ずっと前を向いて進んでいって欲しい!!
これからも一緒に、全力で応援していきましょうね(*^^)v
       
       

No title

サルさん、こんばんは。
先日はご丁寧にどうもありがとうございました。
温かいメールを頂けて、すっごく嬉しかったです^^
そして懲りずにと申しますか、サルさんの優しさに甘えてと申しますか
またおじゃまさせて頂きました次第です。

最新のエントリーへのコメントではなくってごめんなさい。
コメントが遅れてしまいましたが、
サルさんのこのエントリーに絶対コメントさせて頂きたいって思っておりまして・・・。
松本さんのラジオ、最終回の日、私用で聞くことが出来なくて。
でも素敵な放送だったのだなぁというのが、
サルさんのエントリーですっごく伝わってまいりました^^
「マイガール」の歌詞に寄せて、なんだかうるっときてしまいましたもの(>_<)
松本さんのラジオは、1番ラジオらしいラジオと申しますか、
お1人でお話になる形態だったということもあってか、
嵐さんのラジオの中でも特別な感じがしておりました。
リスナーさんと松本さんとの距離感も、近いような気がしていて・・・
終わってしまうとお聞きしたときはやっぱり残念な気持ちがありましたけれど、
こうしてサルさんや、ファンの方に爽やかな気持ちを残して
ちゃんと、9年間続いた番組を締めることが出来る松本さんの技量と申しますか・・・
うーん、技量と言うより、向き合い方のようなものなのかな、
姿勢ですとか、そういう部分って本当に素敵だなぁって改めて思いました。
バイバイは悲しいですけれど、悲しいだけの、後ろ向きなバイバイではない気が致しますね^^

長々と、取り留めのないコメントになってしまってごめんなさい(>_<)
またおじゃまさせて下さい♪
       
       

かーこさんへお返事

かーこさん、こんにちは!
いえいえ、こちらこそ突然メールしちゃって驚かせてしまいましたよね(笑)
また来て頂けて、めちゃめちゃ嬉しいです!(^^)!
ありがとうございます❤

何を仰いますか!「この記事に」と思って下さるお気持ちに感激して、
コメントを読みながらウルウルしましたよ~(ToT)
あの温かい30分を、私の拙い文章で表現できるかな?って試行錯誤しながら、
思いを込めて書いた記事に、こんなステキなコメントを頂けて、本当に嬉しいです!!

智担さんにそう言って頂けて、潤くんも大喜びだと思います!
かーこさんの言う通り、ジュンスタは、TVでは決して見られない、
潤くんのファンとの向き合い方が如実に表れていたように思います。
終わるってお知らせがあってからの3回、正直、もの悲しさが漂う感じになっちゃうかな?って、
聴くのが怖い・・・と少し思っちゃったんですよね。
でも、実際聴いてみたら、潤くんはスッキリとした声で前を向いていて、
本当に楽しくて、嬉しくて、温かいだけで・・・ふふふ、惚れ直しちゃいました❤

そうですよね!
潤くんも「これからも皆のメッセージを聴ける場を作りたいし、そういう人でありたい」
と言ってくれて、前向きな“バイバイ”だったと思います!!

かーこさんのコメントから、たくさん元気を貰っちゃいました!(^^)!
私もまたお邪魔しますね(*^^)v
       

EDIT COMMENT

非公開コメント

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


検索フォーム
お友達ブログ


メールフォーム
FC2を通して、私たちにメールが届きます。 アドレスを入れて送って下されば、お返事させて頂きます♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。