プロフィール

サルとシロ

Author:サルとシロ
嵐(とくに松潤)ファンのサルと、フィギュアスケーター浅田真央選手ファンのシロが、2人で管理する姉妹ブログです。

初めましての方は、“こちら”に簡単な自己紹介とコメントに関するお願いが書いてありますので、読んで頂けると嬉しいです。

Comments+Trackback
Comments<>+-
Trackback <> + -
FC2カウンター
現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルバム絶賛発売中!(ジュンスタ7/9) ~サル~

友達の結婚式に無事出席して参りました!
特に変わったことをするわけじゃなかったんだけど、花嫁さんのドレスやヘアメイクの選び方、会場の装飾花に、新郎新婦の個性が忍ばせてあって、すごく2人らしいステキな式でした。

私はというと、黒ベースにネイルとメイクと小物に明るい紫を取り入れまして、自分的には大満足でございました。
紫を取り入れるだけで、古いドレスでもテンション上がる!
嵐ファンになってよかったな~なんて思っちゃいました。嵐効果、素晴らしい!

さて、9日のジュンスタ感想をアップします。
「Beautiful World」の曲をたくさん流してくれましたので、サルの曲に対する感想も織り交ぜてお届け致します。
またまた長い記事になってしまいましたが、よろしくお願いします!

↓↓



今回も引き続き「音楽企画」ということで、「Beautiful World」の曲をガンガンかけてくれました。

オープニング♪「果てない空」

「今日私の高校で、“今、私たちにできること~3月11日の地震を通して~”という生徒総会が開かれた。自分と違う意見が聞けて、とても勉強させられ、考える機会を持てた」というリスナーさんのメールが紹介されました。

「明後日で4ヵ月ですか・・・経ちますが、若い世代の学生のみんなも、こういう風に考えて、もちろんここの議題と言うか、“自分たちが出来ること”っていう中で、被災地への思いっていうのもあるでしょうし・・・4ヵ月経っても、まだ大変な生活をしている方たちもたくさんいるでしょうし、忘れずに、これからも日本全体が、元気になるように・・・ね、出来ることをやっていきたい、そんな風に思っています。
まあ本当に、7月に入って暑くもなってきてると思いますので、節電とか、今できることを改めてやっていきたいなと、そんな風に思います。はい」


潤くんの話し方が、本当に真剣で、でも穏やかで泣きそうになってしまった。
Enjoyでだったかな?ラジオだったかな?
潤くんが「3月11日に亡くなられた方の49日にあたる日に黙とうを捧げさせてもらった」ことを知り、心から尊敬しました。
その日に納骨(と言っても、ほとんどの方が土葬だったようですが)出来た方もいらっしゃったと思いますが、行方不明のご家族を探している方もたくさんいらっしゃった時期ですし、そもそも家族親戚全員亡くなられてしまった方もいらっしゃって、本来であれば納骨によって安霊が祈られる日に、その祈りが捧げられなかった方がたくさんいらっしゃったと思うのです。
そんな時に、1人1人にではありませんが、亡くなられた方々に心からの哀悼と、安霊の祈りを捧げさせて頂くことも、私たちに出来ることなんだ、と気付かされました。
東日本大震災で亡くなられた方々を、大変な生活を送っている被災者の方々を、決して忘れずに支えていくことを、改めて誓いたいと思います。

♪「Negai」

「この曲は“Beautiful World”という1枚のアルバムの中で、何て言うんですかね、こう・・・喪失感とか、ネガティブなものとか、そういうものも感じながら前に進むとか、兆しが見えるとか、みたいなですね、そういう曲を表現したいな~って最初に思って、こういう曲になったって感じですかね」

うん、この曲って、すごく切なくて、すごく温かいと思う。
「何度だって 今 僕らのすべてで そっと祈る」
って歌詞が、嵐の切実な祈りの気持ちを強く表していると感じます。
生で聞いたら、絶対泣くと思う。深い曲です。

♪「Rock this」

「今回のアルバムの1曲目になってますね。まっ、1曲目らしい曲だなって気がするんですけど、僕は。むしろコレ、1曲目じゃなかったら多分アルバム入ってないんじゃないかなって思う感じっていうか。
何か色んな曲がある中で、これのデモを聞いた時に、強い感じ・・・というかね、何かこう・・・“これから”な感じがすごいする曲だな~と思って・・・。
そう、後半に5人でRapやる部分があったりするんですけど、そういうこととかも話しつつ、何かこう、“今までの嵐”で、こういう系というか、強い感じの曲も勿論あったんですけど、ちょっと新鮮だな~と思って、これを入れようかって話になりましたね」


サビ前の「HEY!」「HO!」とか、めちゃくちゃ盛り上がりそう!
Rapの最後に、5人の「GO!」が連なってくところも大好きです。
サビの部分、最初に聴いた時、“マイケルの曲っぽい”と思ったんですが、こういう曲もちゃんと“嵐の曲”になるのは、翔くんのRapに依るところ大きいんだろうな。潤くんの「ありがとう」が胸に響きます。

ニノもTVガイドで「1曲目以外には考えられない曲」と言っていますね。
ってことは、ライブの1発目の可能性高いのかな?
私は、「Cool&Soul」みたいに、2ブロック目とかの最初にくると予想してるんですけど。

♪「Joy」

「ライブDVDの初回限定盤の方に合宿の映像が入ってると思うんですけど、そこでこう・・・レコーディング5人でして、“ガヤ”って言うんですかね、マイクの近くで歌ってるのとは別に、人数感とか、タバ感とか、空気感出すのに5人でそう、声録ったりとかしてるんですけど、そういうのをこの曲はやったりしてましたね。うん。
“Joy”っていうのがイイよね。リーダーはこの“Joy”って言うのが、“すごい、すぐわかる”って。
あのねぇ、何ていうんですかね・・・今回、アルバムのタイトルがギリギリまで決まってなかったんだよ。曲タイトルが。1曲ずつが。
だからその、もともと、“Negai”とか“Negai”だったんだけど、うーーーんとねぇ、“always”とかも違うし、“虹のカケラ”とかも違うし、“Joy”とかも違うし、それぞれ歌詞が付いてなかった時からもともとある、デモの時の仮タイトルをずーーっとそのまんまで来てたから、“えっ?”みたいな、“どれがどれだかわからない”みたいな瞬間が、コンサートの打ち合わせしてた時にあったんすよ。
でも“Joy”は、“サビの最後にJoyって出てくるから、すぐわかる”ってリーダーが言ってました。まあ、そりゃそうだよね、って話なんですけど」


へえ~、曲が先なんだ。私は当然、作詞作曲をしたことがない人なので、「曲と詞ってどっちが先に出来るんだろう?」とずっと疑問だったんですよ。
こういう話を聞くと、だから嵐の曲は良曲が多いんだな~って納得します。
初期の段階から曲制作に携われる“Jストーム”という環境を与えて貰えたことに、ファンとして感謝です。

“Joy”は曲の良さに、合宿映像が+αされるので、聴いてるとテンションウィウィになります。
5人の空気感がめちゃめちゃイイ曲だと思います。

♪「Morning Light」

「この曲はですねぇ・・・エレクトロっぽい要素は勿論入ってるんですけど、すごいこう・・・サビの高揚感っていうか、疾走感みたいのがすごい感じられて、その感じが新しいかな~って思った、って感じですかね。うん。
踊ることも出来るし、踊らないことも出来る曲っていうか。ノリがすごいイイし、踊ろうと思ったらカッコよく踊れる曲なんだと思うし・・・そうですね、ま、どっちになるかは、お楽しみにって感じですけど。
この曲結構好きですね。何か、デモで聴いてたときより、嵐が歌入れして、より好きになった曲ですね。特にこの曲は。
何か、“ありそうでなかったな”みたいなところな気がしますね」


このアルバムで1番の衝撃だったのが、この曲。正に“ありそうでなかった”って曲!
疾走感がハンパなくて、めちゃめちゃ盛り上がります!
私、この曲で恒例の“最初の挨拶”を入れたらイイんじゃない?とか勝手に思ってるんですが、どうだろう?Rapがないから、難しいかな?
「Attack it!」での挨拶が秀逸だからな~、今年のツアーもそれだろうか。それはそれで、テンションMAX!に盛り上がりますけどね。

♪「遠くまで」

「今、CMでもサビ流れてるので、聴いたことあるかもしれませんが、JAL2011キャンペーンソングということで・・・はい。
すごく何かこう、明るくなる・・・でもすごく力強い曲だな~って僕は思っていて、あのねぇ・・・それこそ何か、“虹のカケラ”とこの曲の差別化みたいなのも、最初すごい、テーマとしてね、みんなで話し合ってたんですけど。
これは、スコーーンって抜ける感じっていうのが欲しいなって思ってて、もともと歌詞が付く前の仮タイトルが“to the stars”っていうタイトルだったんすよ。で、そのタイトルもインスピレーションとしてすごく良くて、何かこう湧くものがあって、すごく明るい曲にしたいなって、エネルギッシュで前に進んでく曲が欲しいなぁって、そんな曲になったらいいなって話してましたね。」


真っ直ぐに突き抜けて行く、爽やかな曲だと思います!
この曲は、ライブの1発目かエンディングか、どちらかしかない!とまたまた勝手に思ってます。
1発目の大本命が「遠くまで」、エンディングの大本命が「果てない空」って感じ。
ま、嵐関連の予想、1つも当てたことがない私ですから、大外れだろうけど、そんな感じで勝手に“予想セットリスト”を作ってたりします。開き直れたらアップするかもです。

エンディング♪「Love Rainbow」が流れる中、アルバムと「ニッポンの嵐」の宣伝をして、
「では、また来週聴いて頂きたいと思います。
お相手は、嵐の松本潤でした。バイバイ」

でまた来週へ。

前回のジュンスタはアルバム発売前で、アルバムへの期待を膨らませられ、
今回のジュンスタはアルバム発売後で、1曲1曲に込められた想いを感じさせられ、
間に“アルバム発売”を挟むことで、作りは同じなのに受け取り方に“違い”を生ませる演出がニクイよ。
さすが嵐のライブ番長、松本潤!!!

読んでくださり、ありがとうございました~☆

関連記事

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


検索フォーム
お友達ブログ


メールフォーム
FC2を通して、私たちにメールが届きます。 アドレスを入れて送って下されば、お返事させて頂きます♪

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。